ニューヨークのアトラクション

ファストトラックアクセス
チケット即時発行
スムーズに入場

ニューヨークで人気のアクティビティー

アメリカで人気の都市

すべての旅行先を検索

ニューヨークへの旅行を計画

言語

英語

通貨

米ドル ($)

国番号

+1(市外局番は212)

タイムゾーン

東部標準時 (EST)

心の準備

ニューヨークは、アメリカのみならず、世界を代表する都市です。ニューヨークと聞けば、キラキラと輝く、ダイナミックな世界都市を想像する方が多いことでしょう。 下町の気骨ある雰囲気から、高級住宅地の華やかさまで、なんでも揃っています。ブロードウェイの大ヒットミュージカルから高層ビルの上にあるカクテルバー、それから、「ダイブバー」と呼ばれる昔ながらの一杯飲み屋だってまだあります。そしてもちろん、ニューヨークと言えば、セントラルパーク!「ビッグ・アップル(ニューヨークの別名)」では、どんなものだって手に入ります!「不可能なことなんかないわ。だって、ここはニューヨーク!」と、アリシア・キースも歌っています。

交通について

街の中を移動するのに便利なのは、地下鉄とタクシーです。バス路線も発達しているのですが、地下鉄路線より複雑でわかりにくいです。それに、地下鉄独特の言語表現をマスターするのもおつなものです。新しい乗り換えルートなんかを発見したら、あなたはもう立派なニューヨーカー!地下鉄とバスの1回乗車券は3ドルですが、地下鉄をたくさん利用するつもりなら、31.50ドル払って一週間有効のパスを買う手もあります。黄色い車体が有名なタクシーに乗るのに難しい準備は必要ありません。ただ、指笛を吹くか、「タクシー!」と叫ぶだけで大丈夫です。

ストリートフード

現在、ヒップスターの影響により、世界中でフードトラックが大流行!ニューヨークもその例外ではありません。ここでの人気フードは、ロブスターロール、「ラーンゴシュ」と呼ばれるハンガリー風ピ揚げパン、そして、魚の天ぷら入りブリトーなどがあります。もちろん、こういった新しいバージョンもお試しいただきたいのですが、ニューヨークでは、世界にフードトラック旋風が吹きおこる前からストリートフードが発達していたことをお忘れなく!昔からの人気は、ホットドッグとハラルカート。これらを買って、さあ、ベンチに腰を下ろしましょう。

ニューヨークでの3日間にできること

ホイットニー美術館

この美術館は、1931年に慈善家ガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーによって設立されたもので、現在も根強い人気を誇ります。絵画、彫刻、スケッチ、映像、写真、その他、新しいメディアもコレクションに含まれます。中でも、目玉展示はアンディ・ウォーホールの作品ですが、他にも20世紀の巨匠の作品があります。ジャスパー・ジョーンズによる「三つの旗」、ジョージア・オキーフによる「白いアメリカンシャクナゲ」、そして、エドワード・ホッパーによる、日常をモチーフにした絵画などです。これらの絵画を含むコレクションを通して、アメリカの精神を深く知ることができます。2015年、ホイットニー美術館は、著名な建築家レンゾ・ピアノの手による建物に移転しました。以前よりも展示スペースが広くなったことはもちろんですが、ここからはニューヨークの素晴らしい景色も楽しめます。ニューヨーク、ここはアメリカン・ドリームが生まれ、また、その夢が砕かれることもある街です。

セントラルパーク

ニューヨークのど真ん中に位置する、市民の憩いの場となっている公園です。「ハンナとその姉妹」や「ティファニーで朝食を」、そして、「ウォール街」などの映画の舞台としておなじみですが、実際にどのくらい広いかご存知でしょうか?この公園は、長さは51ブロックに及び、いくつものアベニューを横切る横幅を誇ります。また、園内にはさまざまなエリアがありますので、毎日来てもいろいろと違ったことが楽しめます。芝生で日光浴もいいですし、ジョギングやローラースケートを楽しんだり、動物園に行くのもよいでしょう。森ではバードウォッチングもできます(街の喧騒を嫌って、この森にだけ住んでいる鳥もいます)。池もたくさんあり、ベルヴェデーレ城、夏にはシェイクスピアが上演される劇場などの施設もあります。手っ取り早く言って、セントラルパークには、ニューヨークに負けず劣らず、多彩な楽しみ方があるのです。

ダウンタウン

この地区を形容して、”粗野”という言葉を使うのはもしかしたらちょっと行きすぎかもしれません。でも、ポップカルチャーで有名な地区のニュアンスを表現するのに一番適切な言葉とも言えます。ここでは、道もまっすぐではなく、まるでヨーロッパの古い都のように曲がっていたりします。建物も、古いビンテージスタイルが見られます。港から水平線を眺めると、この街のパワーに匹敵するものは海だけなんだと実感することでしょう。また、ここには、リトル・イタリーやチャイナタウンと言った移民街も、そして、アメリカを象徴するウォール街もあります。プランを決めずに、足の赴くままに散策するのがお勧めです。そして、一番南端では、自由の女神が待っています。ベンチに腰掛け、この自由の象徴をじっくりと眺めてみてください。ニューヨークに来たことを実感する瞬間です。

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館(通称MET)は、世界有数の美術館です。アメリカで最も大きな美術館で、どの局面においても、パリのルーブルやマドリッドのプラド美術館、フィレンツェのウフィツィ美術館などに肩を並べて劣りません。ここには、200万点という信じられない数のコレクションが収蔵されています。人類の歴史をすべてカバーするこれらのコレクションは、17のエリアに分けて展示されています。エジプト文明、イスラム文明、ヨーロッパ文明、など、とにかく世界中から集められた芸術品をでは見ることができます。ほかにも、武器や武術品のコレクション、写真、楽器や衣装などもあります。1日ではとても見切れるものではありませんから、あきらめましょう。エリアを決めて見学するか、もしくは、ただただ足の向くままに館内を散策して、目に飛び込んでくるものに驚嘆するというスタイルもいいでしょう(禅的アプローチと言ったらいいでしょうか、それとも、童心にかえって、と表現したほうがしっくり来るでしょうか)。