ヘルプ

ホイットニー美術館のチケット

20世紀から今日までのアメリカ美術をたどる

チケット即時発行
最終入場時間: クローズ1時間前
車いす利用可
スマホチケット可

安心してお出かけください!

安全衛生対策が実施されており、安心して世界の文化をお楽しみいただけます。
NY Travel Advisory
New York State has issued a travel advisory for anyone entering the state from states or territories that are experiencing recent, significant, community-wide spread of COVID-19. Travelers to New York State may be asked to fill out a form to determine whether a 14-day precautionary quarantine is required.

商品概要

このページ内容の一部は機械翻訳されており、正確ではない内容が含まれている可能性があります。

ハイライト

  • 世界で生まれたアメリカのアートを探検し、アンディ・ウォーホルからエドワード・ホッパーまでの多作を見る
  • 二度と同じ経験はありません!絶えず変化する展示は、すべての訪問のユニークさを保証します
  • アメリカン・アートの起源を発見しながら、マンハッタンのダウンタウンにある広大なアート・ギャラリーを探索する一日をお楽しみください。

説明

20世紀初頭、芸術の世界はヨーロッパの芸術と古い古典に大きく偏っていました。慈善家のガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーはそれを持っていなかった。彼女は生きているアメリカ人アーティストに捧げられた彼女自身の博物館を始めました。それ以来、それは繁栄し、20世紀と21世紀の芸術的成果の試金石となっています。

ホイットニーには、まだアメリカのアートを専門としていますが、多くのメディアで3,000人のアーティストによる21,000点の作品が収められています。あなたは絵画、彫刻、ドローイング、ビデオ、写真、そして新しいメディアを見つけるでしょう。すべての作品に目を向けるつもりはありませんが、1900年から今日に至るまで、アメリカのクリエイティブな才能がどのように現れたかについての洞察を得ることができます。

アンディ・ウォーホルは、紹介されたアーティストの中で最も象徴的な名前かもしれませんが、ジャスパー・ジョンズ、ジョージア・オキーフ、エドワード・ホッパーなどの他の20世紀の巨人にも会うことができます。

最近のビジョナリーに加えて、ホイットニーはまだ新しいものを擁護することに専念しています。 ホイットニービエンナーレでは、2年ごとに新進気鋭のアメリカ人アーティストの作品を特集しています。

ほとんどのニューヨーカーと同様に、ホイットニーは街中を頻繁に移動しました。その最近の移転は、2015年にレンゾ・ピアノによって設計された新しいダウンタウンの建物への移動でした。新しい建物はホイットニーにこれまで以上に広いスペースを与え、現代と現代のアメリカ美術の膨大なコレクションを展示します。

マンハッタンの西側、ミートパッキング地区にあるハイラインのすぐそばにあるホイットニー・アメリカン・アート美術館は、アメリカの天才に出会える場所です。

チケット

追加情報

そこに行く

メトロ:A、C、E、Lから14丁目まで。

変更ポリシー

  • このチケットの変更は可能です。

ご利用案内

スマホチケットを「前売りチケット売り場」でご提示ください。

施設

営業時間

水曜日 クローズ
木曜日 11:30 - 18:00
金曜日 13:30 - 21:00
土曜日 13:00 - 18:00
日曜日 13:00 - 18:00
月曜日 11:30 - 18:00
火曜日 クローズ

行き方

ホイットニーアメリカンアート美術館
99,Gansevoort Street, 10014, ニューヨーク
地図上で開く

このページは自動翻訳されています。翻訳の質はいかがですか?

評価とレビュー

4.7
80レビューによる
5
4
3
2
1
65
8
6
0
1
2020/02/23
すばらしい
Architecture,scenery,exhibitions,were all wonderful experiences!
N
2020/11/13
すばらしい
wonderful - loved the Mexican murals and Calder exhibit and video -
L
2020/11/12
すばらしい
Great experience and felt very safe to go around the various exhibitions

よくあるご質問