ヘルプ

マドリードのアトラクション

  • いつでもフレキシブル

    すべての会場でフレキシブルなキャンセル・オプションを選択可能

  • 安心してご予約ください

    スマホで完結、簡単予約で行列スキップチケットをお手元に

  • 自分のスタイルで文化を満喫

    世界の美術館・博物館、その他の観光地で最高の体験をお届け

マドリードでの人気のアクティビティーTOP5

過去7日間の人気スポット

プラド美術館
#1
プラド美術館
スペイン王家のコレクションを基盤としたプラド美術館は、美しい古城であり、常時1,000点を超える作品を展示しています。世界でも有数の美術館として、そのコレクションは7000点を超え、スペイン芸術の真骨頂を私たちに伝えてくれます。プラド美術館には、平日18時~20時、また日・祝日17時~19時、無料で入場できます。無料入場の時間帯は最も込み合う時間帯で、また、無料入場の場合には特別展を見学することはできませんので、ご注意ください。
ソフィア王妃芸術センター
#2
ソフィア王妃芸術センター
18世紀には病院として使われていた建物でしたが、1992年に改装され、美術館として生まれ変わりました。マドリッドで最も重要な現代美術コレクションを有するこの美術館では、スペインでもっとも有名な芸術作品の一つであるピカソの「ゲルニカ」などを所蔵しています。他にも、20世紀スペイン絵画の巨匠サルバドール・ダリやミロなどの作品もあります。
国立ティッセン=ボルネミッサ美術館
#3
国立ティッセン=ボルネミッサ美術館
1920年代に個人コレクションとして始まったこの美術館は、現在ではマドリードの有名な「アートの黄金三角地帯」の一部を構成しており、コレクションの幅の広さで有名です。ゴッホ、ゴヤ、ホルバイン(息子)、ティツィアーノ、カンディンスキー、ジャクソン・ポロックその他、様々な作品がここにあります。 多くの巨匠たちの作品は、各人一つの絵に限られており、焦点は一人の画家にではなく、アートの包括的な進化に置かれています。たった一つの建物の中でヘビー級作品の膨大なコレクションを楽しめるチャンスです。
ピュイ・デュ・フー・エスパーニャ
#4
ピュイ・デュ・フー・エスパーニャ
ユニークな芸術コンセプトと没入型作品のメドレーを備えたピュイ・デュ・フー・エスパーニャは、スペインの歴史を探るユニークなテーマパークです。昼夜を問わずスペクタクルなライブショーを楽しみ、地元の村の13世紀の路地を散策し、刺繍や陶芸に携わる職人たちを見学できます。 ピュイ・デュ・フー・エスパーニャは、マドリードからわずか55分ほどのトレドにあります。
ミュージアム・オブ・イリュージョンズ・マドリード
#5
ミュージアム・オブ・イリュージョンズ・マドリード
ミュージアム・オブ・イリュージョンズ・マドリードは、世界中にある18の系列ミュージアムの一つです。家族全員のための錯覚が楽しめるインタラクティブな展示が満載で、楽しいシャッターチャンスもたくさんあります。このミュージアムはスペインのマドリードにあります。

マドリードを訪問したくなる魅力的なスポット

厳選されたアトラクション

マドリードでのお気に入りを組み合わせませんか?一緒の方がいいものもあります。

—15%

マドリード・パス

  1. プラド美術館
  2. マドリード王宮
  3. プラド美術館オーディオガイド

その他+2のトップ・アクティビティ

4.1 / 5 (11)
Tiqets最安価格: $64.46 $55.10

マドリードファミリーファンパス

  1. イリュージョンミュージアム マドリッド
  2. マドリードのアラクシオネス公園
  3. マドリード動物園・水族館

その他+1のトップ・アクティビティ

Tiqets最安価格: $86.29

マドリードでで開催中

マドリードを体験できるその他の方法

マドリードのすべてのアクティビティ

最大—10%
マドリード

マドリード王宮

ヨーロッパ最大の王宮は間違いなく見ものです。3,000以上の素晴らしい部屋と、世界最高のアートギャラリーのいくつかに匹敵する芸術のコレクションがあります。宮殿の現在の用途は国家式典の開催であり、ほとんどの日一般に公開されています。
4.7 / 5 (305)
Tiqets最安価格: $15.60
フェルナンド王立美術アカデミーは、フェルディナンド6世の時代の1752年に設立された、スペインで最も長い文化の軌跡を持つ芸術機関です。この美術館には、5つの世紀と異なる流派にまたがる、国内でも有数のアートギャラリーがあります。ルネッサンスから21世紀の最新のトレンドまで、芸術の歴史を完全に網羅しています。 アカデミーには、1,400点以上の絵画、1,300点以上の彫刻、15,000点以上のデッサン、約40,000点の版画、9,000点の凹版画のほか、家具、銀や金細工、磁器などの装飾美術品など、優れた遺産が保存されています。
4.5 / 5 (226)
Tiqets最安価格: $5.20
マドリードでの楽しい一日をお探しなら、マドリードのアラクシオネス公園をお見逃しなく!市内で最も古いテーマパークかもしれませんが、ホワイトナックルのジェットコースターの名簿を見ると、楽しい時間を過ごすことができます。 公園はまた、子供と一緒に訪れる家族にも最適です。スポンジボブやドラなど、ニコロデオン・ランドでお気に入りのキャラクターと出会うチャンスがあります。
4.6 / 5 (238)
Tiqets最安価格: $20.69
マドリード

リリア宮殿

現在はアルバ公のマドリードの邸宅ですが、リリア宮殿がその名前を冠していないことに気づくのは難しくありません。もともとは、18世紀後半にリリア三世公爵のために建てられた宮殿ですが、アルバスに手を渡して以来、本来の栄光は失われていません。 現在、宮殿は一般公開されており、14室のツアーに参加して、世界最高のプライベートアートコレクションを鑑賞できます。ゴヤとルーベンスの作品付き。没入型オーディオガイドで宮殿の過去について学びましょう。
4.6 / 5 (657)
Tiqets最安価格: $15.60
パルケ・ワーナー・マドリードは、市内で一番のテーマパークです。スーパーヒーロー、ワーナーブラザーズの漫画、ハリウッドのキャラクターを生かします。 マドリードから簡単にアクセスできます。セルカニア鉄道のC3線に乗り、ピント駅で下車します。次に、「La Veloz」から413番バスに乗車し、Parque Warnerの入り口に降ります。 車でお越しの場合は、A-4高速道路に乗り、22番出口を出て、標識に従って進みます。
4.5 / 5 (235)
Tiqets最安価格: $23.91
サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルは、エル・エスコリアル修道院としても知られています。フィリップ2世は、この王家の敷地を家族の霊廟として使用しました。かつて、ここは修道院、また寄宿学校でもありました。 松の木々と周囲の豊かな森が、この場所をマドリードの喧騒からルネサンス時代へと人々を連れて行く平和な隠れ家にしています。ここはかつてスペインの王たちの居城であり、最後の安息の地です。マドリードから北西約45キロのところにあるサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルの町にあります。
4.5 / 5 (101)
Tiqets最安価格: $15.60

マドリードのチケットを予約

言語

スペイン語

通貨

ユーロ (€)

国番号

+34

タイムゾーン

中央ヨーロッパ標準時 (CET)

公共交通機関

マドリードの中心部は、散策にぴったりですから、是非徒歩で観光してみてください。でも、もう少し足を延ばして冒険したいという方にとっては、公共交通機関はなくてはならないものでしょう。何を隠そう、マドリードにはロンドンに次いでヨーロッパで2番目の長さを誇る地下鉄網があるのです。朝7時半~9時までの通勤ラッシュ時間は混みあいますし、ソル駅など観光客が多い駅ではスリに注意が必要です。乗り降り自由のホップオン・ホップオフバスも便利です。観光スポットを手軽に回れますし、サンティアゴ・ベルナベウスタジアムにも行くことができます。

タパスバー

マドリードには素敵なタパス屋さんがたくさんあります。基本的なイメージとしては、タパス屋とは、たくさんの種類のおつまみをちょっとずつ食べながら、ビールやワインを飲み、友人と語り合う場所のことです。「TriCiclo (住所:Calle León 12)」は、トレンディ―な雰囲気で、一流シェフが珍しい材料を使ったタパス料理を楽しめます。もう少し伝統的なタパス屋がお好みでしたら、1867年から家族経営で営業されている「Bodegas Ricla (住所:Calle de los Cuchilleros 6)」がお勧めです。 ここの目玉は「callos a la madrileña (牛の胃の煮込み)」です。

ナイトライフ

マドリードのナイトライフは非常に有名ですが、それには理由があります。マドリードの夜型生活と言えば、正午に起きて、夕食は大体夜10時くらいですから、それに合わせて動きましょう。夜の10時くらいにタパスを食べるとすれば、まだ夜も始まったばかり、パーティにも十分間に合います。通りを闊歩すれば、雰囲気のよさそうなバーやワインバーがたくさん並んでいますから、その一つに飛び込んでみましょう。もっと夜を楽しみたい方には、ナイトクラブなどもあります。

マドリードでの3日間にできること

サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

北アメリカの人々には信じられないことかもしれませんが、サッカーは世界中でとても人気があるスポーツです。ファンにとっては、サッカーはただのスポーツではありません。そこには詩があり、幾何学があり、神がかりなプレーがある一方で卑劣な行為もあり、敗北の瞬間の悲しみも含まれてます。そのため、サッカーは「美しいゲーム」と呼ばれます。サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムはこの美しいゲームが行われる聖地です。70年の長きにわたり、このスタジアムはレアル・マドリードの本拠地とされ、伝説的な白いユニフォームをまとったチームがここで数々の名試合を繰り広げてきました。代表的なプレーヤーとして、プシュカス、ディ・ステファノ、ジダン、そして、2人のロナウドらがいます。トロフィールームには、スペインリーグ、および、ヨーロッパのチャンピオンズリーグのトロフィーが並んでいます。1982年のワールドカップはここで行われ、イタリアが優勝しています。建築物としても素晴らしく、8万5千人を収容できます。何より重要なのは、このスタジアムは、マドリードの希望、夢、勝利への渇望を象徴しており、訪れる人にサッカーへの情熱を伝えてくれることでしょう。

マーケット

マドリードの街には、美味しい食べ物がいっぱいです。タパスはもちろん、ミシュランの星付きレストランもたくさんあります。また、マーケットもマドリ―ドの食を語る上で欠かすことができません。得段が安いこともお勧めの理由です。マーケットの中を歩いて、陳列されている食材を品定めするというのは、どんなレストランよりもインタラクティブに食材と関われる方法でしょう。そして、新鮮な食材を料理し、おいしいリョーハワインと一緒に楽しむ瞬間と言ったら!マヨール広場からすぐの「Mercado de San Miguel」は、昔ながらの市場をトレンディ―に改装したもの。その分、お値段も少し高めですが、いい雰囲気の中、シャンパンやカキ、チョコレート、ウニなども楽しめます。もっと日常的なマーケットとしては、「Mercado de Maravillas」があり、ここは市営の市場としてはヨーロッパ最大です。200を超える店が立ち並び、スペイン全土、または、国外から運ばれた新鮮な果物や野菜、特産物などが売られています。

水のある生活

マドリードは、標高650mの高原にある内陸の街です。もちろんビーチはありませんが、20を超える大きな公営プールがあり、毎年地元民でにぎわいます。これらのプールは公園の一部として、よく管理されています。水遊びはもちろん、プールサイドでボール遊びをしたり、ピクニックを楽しんだりすることもできます。プールは巨大ですが、それでも混雑は避けられませんが、とても魅力的な場所です。ここに行けば、きっとマドリード市民の仲間入りをした気分になれることでしょう。「Parque Deportivo Puerta del Hierro」にあるプールは、なんと長さが130mありますから、市民の水への渇望がよくご理解いただけることと思います。中心に位置する「Casa de Campo」には3つのプールがあり、そのうちの1つはオリンピックでも使用できるサイズです。さあ、日焼け止めを塗って、マドリード市民の仲間入りをしましょう。

三大美術館

マドリード中心部には、世界有数の美術館が3つ集まっています。そのどれもが素晴らしい美術館で、それが3つも集まるとなると、世界中から羨望のまなざしで見られるのは当然のことでしょう。そしてなんと、3つとも徒歩15分以内の距離にあるのです。もし、1日に全部行こうとすれば、間違いなく食傷気味になることでしょう。でも、それだけ近い距離にあるというのはとにかく便利です。巨大なプラド美術館は、世界最高峰の美術館で、マドリードで最も多くの観光客が訪れるスポットです。ソフィア王妃芸術センター には、ピカソの「ゲルニカ」を含む20世紀のスペイン絵画が収められています。ミロやダリなどの作品も楽しむことができます。国立ティッセン=ボルネミッサ美術館 は、もともとは世界最大の個人コレクションでしたが、1990年代にスペイン政府が買い取りました。ここには、13世紀から現代美術にいたるまで、様々な時代の様々な様式の作品がちりばめられています。

スペインでイチオシの場所

すべての旅行先を検索