ヘルプ

フィレンツェのアトラクション

Museums are Welcoming Visitors again
Following the latest COVID-19 update, Tuscany turned into a yellow zone (low-risk region) and museums can re-open. The availability and opening times might be decided on a weekly basis.

フィレンツェでの人気のアクティビティーTOP5

ウフィツィ美術館
#1
ウフィツィ美術館
歴史と芸術を愛する人にとって、フィレンツェにあるウフィツィ美術館よりも特別な場所など存在しないでしょう。アルノ河沿いに面した建物は、もともとは行政機関の事務所として使われていたもの。1765年より一般公開されており、今では年間200万人もの観光客が訪れます。 ウフィツィ美術館のコレクションは、13世紀から17世紀まで、年代順に展示されています。チマブーエやジョットらによるリアリズムや遠近法の導入に始まり、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロらに代表されるルネッサンス期のハイライトを通って、バロック期のカラバッジョまで、イタリア芸術がどのように発展していったのかを見ることができます。 ウフィツィ美術館では、イタリアルネッサンス期の代表的な芸術家たちの作品に親しむことができます。月曜日はクローズしていますので、ここを訪れる予定がある場合はお気を付けください。
アカデミア美術館
#2
アカデミア美術館
フィレンツェのアカデミア美術館には、ミケランジェロの傑作「ダヴィデ像」があり、これを目当てに多くの観光客が訪れます。「ダヴィデ像」は、同じくミケランジェロが手がけた「囚人像」や「聖マタイ像」などとともに、1873年よりここに展示されています。 1780年に創立されたアカデミア美術館では、ボッティチェリやギルランダイオなどの手によるルネッサンス絵画、また、ジャンボローニャの傑作「サビニの女たちの略奪」などの彫刻が鑑賞できます。また、メディチ家の楽器コレクションも一見の価値があります。
ピサの斜塔
#3
ピサの斜塔
イタリア国内で最も有名な観光名所の1つ、ピサの斜塔。その特徴的な傾きはあまりにも有名です。 199年以上の長きにわたり建造されたこの塔の歴史は、ピサが歴史上最も栄えた時代である1173年にまで遡ります。 毎年100万人を超える観光客が訪れるこの塔は、安全上の理由により、1990年から2001年にかけて入場禁止となっていました。10年に及ぶ復元工事が行なわれた結果、現在ではピサの斜塔は再び入場可能になり、また今後も数世紀にわたって訪問者に門を開放し続けることでしょう。
シエナ大聖堂の複合施設
#4
シエナ大聖堂の複合施設
シエナのドゥオーモはカンポ広場の上の広場にあり、徒歩また公共交通機関で簡単にアクセスできます。このゴシック様式の建物には、ピサーノ、ドナテッロ、ミケランジェロによる傑作や、ピントゥリッキオのフレスコ画などが収められています。
ピサのドゥオモ広場 - 集合場所
#5
ピサのドゥオモ広場 - 集合場所
ピサのドゥオモ広場は「奇跡の広場(イタリア語でピアッツァ・デイ・ミラーコリ)」とも呼ばれ、世界でも最も壮観な建築物群のひとつです。あまりに有名なピサの斜塔に加え、サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂、墓所(カンポサント)、洗礼堂、シノピエ美術館などがあります。この敷地全体がカトリック教会に所属しており、1987年にユネスコの世界遺産に登録されました。

フィレンツェで人気のエキシビション

フィレンツェのすべてのアクティビティ