ヘルプ

フィレンツェのアトラクション

フィレンツェでの人気のアクティビティーTOP5

過去7日間の人気スポット

Selfie Museum Firenze
#1
Selfie Museum Firenze
Selfie Museum Firenze は、現代の創造性に特化した施設です。ドゥオモやアカデミア美術館(ミケランジェロのダビデ像が保管されている)からわずか数百メートルのところにある2階建ての展示スペースでは、没入型アート、目の錯覚、サウンド・インスタレーション、キネティック・スカルプチャー、デジタル・ストーリーテリング、拡張現実やバーチャル・リアリティなどの作品が展示されています。
ウフィツィ美術館
#2
ウフィツィ美術館
歴史と芸術を愛する人にとって、フィレンツェにあるウフィツィ美術館よりも特別な場所など存在しないでしょう。アルノ河沿いに面した建物は、もともとは行政機関の事務所として使われていたもの。1765年より一般公開されており、今では年間200万人もの観光客が訪れます。 ウフィツィ美術館のコレクションは、13世紀から17世紀まで、年代順に展示されています。チマブーエやジョットらによるリアリズムや遠近法の導入に始まり、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロらに代表されるルネッサンス期のハイライトを通って、バロック期のカラバッジョまで、イタリア芸術がどのように発展していったのかを見ることができます。 ウフィツィ美術館では、イタリアルネッサンス期の代表的な芸術家たちの作品に親しむことができます。月曜日はクローズしていますので、ここを訪れる予定がある場合はお気を付けください。
アカデミア美術館
#3
アカデミア美術館
フィレンツェのアカデミア美術館には、ミケランジェロの傑作「ダビデ像」があり、これを目当てに多くの観光客が訪れます。「ダビデ像」は、同じくミケランジェロが手がけた「囚人像」や「聖マタイ像」などとともに、1873年以降、ここに展示されています。 1780年にその礎を置くアカデミア美術館では、ボッティチェリやギルランダイオなどの手によるルネッサンス絵画、また、ジャンボローニャの傑作「サビニの女たちの略奪」などのオリジナルの石膏型まで鑑賞できます。楽器コレクションも一見の価値があります。
パラッツォ・ストロッツィ
#4
パラッツォ・ストロッツィ
ストロッツィ宮は、フィレンツェの素晴らしいルネッサンス様式の邸宅のひとつです。強力な銀行家フィリッポ・ストロッツィ長老は、1400年代後半に宮殿を建設し、その過程で多数の既存の建物の解体を命じました。 今日私たちが見るパラッツォ・ストロッツィは、ストロッツィのビジネスと政治のライバルであるメディチ家のメディチ家宮殿に勝る、独立した美しく均衡の取れた建造物です。ストロッツィ家は、ファシスト時代に最終的にこの物件を放棄し、フィレンツェ市は1999年からその管理を続けています。 毎年イタリアで開催される最もエキサイティングな展覧会のいくつかに、訪問者が訪れます。
フィレンツェ大聖堂(フィレンツェのドゥオーモ)
#5
フィレンツェ大聖堂(フィレンツェのドゥオーモ)
1436年に公開されて以来、フィレンツェで最も有名なスポットとなっているドゥオーモ(正式には、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)は、街の必見の名所です。その規模から言って、目に入らないということはまずないでしょう。フィリッポ・ブルネレスキの手による赤いタイル張りのドーム自体が驚異ですが、建物内部も、その外観と同じくらい印象的です。この見事な大聖堂の頂上からは、フィレンツェの街の素晴らしい景色が楽しめます。

フィレンツェを訪問したくなる魅力的なスポット

Tiqets限定特典

ベストセラー商品の組み合わせで、もっとお得にもっと多くを体験を

フィレンツェので開催中

フィレンツェのすべてのアクティビティ

イタリアでイチオシの場所

すべての旅行先を検索