ヘルプ

アムステルダムのアトラクション

オランダにおける夜間のロックダウンについて
オランダ政府の最近の決定に基づき、オランダ国内のすべての会場は17:00 で閉館します。このルールは少なくとも12月19日まで適用されます。ご予約の際には、この点にご留意ください。
  • キャンセル可能なチケット

    すべてのチケットに無料キャンセルオプションあり。フレキシブルに過ごせます。

  • 最も信頼されているプラットフォーム

    Tiqetsは1,200万枚以上のチケットを販売しており、TrustPilotで「素晴らしい(Excellent)」と評価されています

アムステルダムでの人気のアクティビティーTOP5

過去7日間の人気スポット

ゴッホ美術館
#1
ゴッホ美術館
ゴッホ美術館には、風景画、静物画、スケッチ、書簡など、合計200点を超えるゴッホの作品が展示されています。ゴッホの作品を、彼と同時代に活躍した芸術家の作品と併せて鑑賞することで、ゴッホの人生とその作品をよりよく理解できます。 美術館は、2つの建物からなっています。メインの建物は、リートフェルトら3人の建築家の手によるもので、1973年に建設されました。もう一つの建物は、日本人建築家黒川紀章氏の手による設計で、1999年に新館として追加されました。アムステルダム国立美術館、および、市立美術館と並んで、アムステルダムのミュージアム広場に位置します。ゴッホ美術館は、オランダで一番訪問者の多い美術館の一つに数えられます。
アムステルダム国立美術館
#2
アムステルダム国立美術館
アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)は、1885年に現在の場所に移転されました。近年、10年の月日と4億円近くに及ぶ巨費を投じた大規模な改修工事を終えたばかりです。オランダの黄金時代に焦点をあてた5000点もの絵画が展示され、中でも有名なのはレンブラントの傑作「夜警」です。絵画だけでなく、彫刻、衣類や武器のコレクションなども素晴らしく、また、美しい図書館も一見の価値があります。 洗練された建物は、オランダ人建築家ピエール・カウパース氏の手による設計です。なんと、屋根にある石像の一つは、設計家の彼自身の像だそうです。
アルティス・アムステルダム王立動物園
#3
アルティス・アムステルダム王立動物園
オランダ最古の動物園である「アルティス」は、自然への愛と配慮を育てることに重点を置いています。この動物園は街の緑豊かなエリア(Plantage地区)に隠れるように佇んでおり、14万㎡の広さを持つ敷地には、27もの歴史ある建造物が建っています。まさに、自然愛好家にとって素晴らしい場所です!
サイエンスセンターNEMO
#4
サイエンスセンターNEMO
ネモ科学博物館は、アムステルダムのオーステルドクにある科学センターです。アムステルダムの中心部と市の北部を結ぶIJトンネルの上に建てられました。イタリアの建築家でありエンジニアであるレンゾピアノによって設計された印象的な建物は、1997年にその扉を開きました。建物の形状が大きなボートの外観を模倣していると言う人もいます。 。
Moco美術館
#5
Moco美術館
アムステルダムのモダン・コンテンポラリー(Moco)美術館は、アムステルダムの美術館広場のまっただ中に位置し、その歴史を1904年にまで遡るタウンハウス、「ヴィラ・アルスベルグ」の中にあります。知名度の高い客員監督や展覧会が、現代アートの世界における最高の貢献者たちに光を当てています。アムステルダム国立美術館の設計者ピエール・カイパースのいとこ、エドゥアルド・カイパースが、このタウンハウスの設計者であり、建物自体が鑑賞に値します。しかし、内部に収められた作品は一層驚異的です。現在の2つの見どころはそれぞれ、ストリート・アーティストであるバンクシーの作品と、並外れたポップ・アーティストであるアンディ・ウォーホルの作品展示です。
  • 最強ディール

    Tiqetsの特別割引と特典で、より少ない費用でより多くの体験をお楽しみください

  • 文化体験への新たな道

    美術館からテーマパークまで、Tiqetsでは様々な文化体験の方法を選べます

アムステルダムを訪問したくなる魅力的なスポット

Tiqets限定特典

ベストセラー商品の組み合わせで、もっとお得にもっと多くを体験を

アムステルダムので開催中

アムステルダムのすべてのアクティビティ

アムステルダムのチケットを予約

言語

オランダ語と英語

通貨

ユーロ (€)

国番号

+31

タイムゾーン

中央ヨーロッパ時間帯(CET)

自転車に乗って

地下鉄か電車の駅で、またはトラムの運転手から、1日または数日有効のカードを買いましょう。もしくは、地元の人々に交じって自転車をレンタルしてみましょう(でも、トラムには気を付けて運転しましょう)!フォンデル公園をサイクリングしたり、ボス公園まで足を延ばしたり、街の狭い路地で迷子になってみるのもよいでしょう。ヘルメットは義務付けられていませんし、また、スクーターも自転車道を利用しますから、運転時はくれぐれも気を付けて!

変わりやすい天気

アムステルダムは平べったい低地のため、10月から3月までの期間は雨が多く、風も強くなります。ですから、この時期は美術館巡りが適しています。5月から9月までは、晴天も多く、街の雰囲気もがらりと変わります。人々はサマードレスやTiqetsの短パンなどで運河をクルーズしたり、サイクリングや公園でのBBQなどを楽しみます。夏季はとても日が長く、夜10時か11時ころまで明るいですから、お楽しみください!

オランダの食事情

「クロケット」や「ビターボーレン」と呼ばれるスナックに何が入っているのかは、常に謎です。でも、おそらくは肉、クリーム、ブイヨンなどがパン粉の衣に包まれている、といった感じでかなり正解に近いでしょう。この2つは、ほとんどどのバーに行ってもおつまみとして提供されていますが、本当にビールに合います!それから、コーヒーを頼むと、ほとんどの場合はクッキーがついてきます。プロのおすすめは、チーズ(オランダ語でカース)です。オランダ人は西暦800年ころからチーズを製造し続けているそうですから、今に至るまでにかなりいい腕になっているはずです?!

アムステルダムでの3日間にできること

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館では、その膨大なコレクションのみならず、美しい建物自体も楽しみましょう。美しいステンドグラスや、ゴシック風の天井の装飾などにうっとりすることでしょう。中に入れば、16世紀から21世紀にかけての絵画コレクションがあなたを圧倒することでしょう。そのコレクションの目玉は、間違いなく、レンブラントの「夜警」でしょう。アムステルダムに来たからには、絶対に訪れていただきたい美術館です。

運河

もしアムステルダムを訪れるなら、運河の歴史に興味をお持ちになることでしょう。街の景観を形作る165の運河は、2010年にユネスコの世界遺産として登録されました。運河を楽しむには、街の中心部を遊覧する運河クルーズが絶対おすすめです。アンネ・フランクの家などの観光スポットを水上から眺めながら、オーディオガイドで街の豊かな遺産についての説明に耳を傾けましょう。

街を楽しむ

アムステルダムには、多くの美術館やお土産屋、飾り窓地区、コーヒーショップ(と呼ばれる、大麻を販売するカフェ)がありますが、でも、それだけではありません!美術館に行った後は、コンサートやコメディーショーにも行ってみましょう!街を歩けば、多くの文化的発見に出会えるはずです。ナインストリートと呼ばれる地区や、ヨルダーン地区でお洒落なブティックを覗いたり、アムステルダムで一番大きいフォンデル公園という公園に行き、ゆったりとリラックスしましょう。1日の最後には、多くのカフェやテラスでにぎわうデ・パイプという地区へ行きましょう。

ハイネケン・エクスペリエンス

デ・パイプ地区に来たら、元ハイネケンビールの醸造所、 ハイネケン・エクスペリエンスにも行ってみましょう!この世界的な有名なビールについて学び、この美味しいビールができるまでの醸造プロセスを見学しましょう。最後に、ビール・テイスティングのデモンストレーションもついています。醸造について学んだ後には、ハイネケン・エクスペリエンスの締めくくりとしてビールの試飲が待っています。日中は込み合いますので、午前中に行くことをお勧めします。

オランダでイチオシの場所

すべての旅行先を検索