ヘルプ

フォンダシオン・ルイ・ヴィトンのチケット

4.8 / 5 (3852 レビュー)

空き状況をチェック

1オプション • 最低価格: $22.96

Tiqetsのおすすめ

明日利用可能
4.8 / 5 (3852)
入場券 移動

フォンダシオン・ルイ・ヴィトン:プレミアム・アクセス

ベストセラー
  • フォンダシオン ルイ・ヴィトンのチケット
  • すべての企画展へのスキップザライン入場
  • 建築設計図の常設コレクションへのスキップ入場が可能
  • セルフガイドツアーや限定コンテンツが楽しめるオーディオガイドアプリをダウンロード可能
  • シャルル・ド・ゴール広場発着シャトルバスサービス(往復)

開催中

カラー・フーガ (29 8月 2022まで)

シモン・ハンタイ100周年記念展 (18 5月 2022より開催)

説明を読む 新しいウィンドウを開く
Tiqets最安価格:
$22.96
予約する

今すぐ購入、後ほどキャンセル可能

無料キャンセルのオプションが、すべてのチケットで利用できます。

厳選されたアトラクション

パリの他のお気に入りと組み合わせませんか?一緒の方が良いものもあります。

フォンダシオン・ルイ・ヴィトンのレビュー

4.8
3852レビューによる
5
4
3
2
1
3239
511
77
14
11

訪問者イメージ画像

フォンダシオン・ルイ・ヴィトンについて

フランク・ゲーリーがデザインしたフォンダシオン・ルイ・ヴィトンは、アート・文化・伝統に捧げられた見事な建物で、2014年10月に開館しました。パリ16区、アクリマタシオン庭園内に位置しています。

火曜日 クローズ
水曜日 11:00 - 20:00
木曜日 11:00 - 20:00
金曜日 11:00 - 21:00
土曜日 10:00 - 20:00
日曜日 10:00 - 20:00
月曜日 11:00 - 20:00
フォンダシオン・ルイ・ヴィトン
8 Avenue du Mahatma Gandhi, 75116, パリ
地図上で開く

Tiqetsのおすすめ

見事なボザール様式のオルセー駅舎内にあるオルセー美術館には、ゴーギャン、モネ、マネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ヴァン・ゴッホなどの画家たちの素晴らしい傑作の数々が展示されています。世界的にも、最も文化的に重要な美術館の一つとして広く認められている美術館です。 その全コレクションは、1848年から1914年の間のものであり、これまでに制作された印象派絵画やポスト印象派絵画の多くが所蔵されています。年沿って沿って、作品群は隣接するルーブル美術館の作品の後に、そして近くのポンピドゥー・センターのコレクションの前に登場します。
4.8 / 5 (8880)
Tiqets最安価格: $17.74
近代美術と現代美術(この2つは似て非なるものです!)のコレクションとしてヨーロッパ最大を誇る芸術作品の数々が、20世紀の最も大胆な建築の1つに収蔵されています。この建物の外側には配管が走っており、内側にはピカソやポロックが所蔵されているのです。加えて屋上からは、エッフェル塔を含むパリのゴージャスな眺望も楽しめます! ポンピドゥ-・センターは、ルーヴル美術館とオルセー美術館に並ぶ、パリの3大美術館の1つです。ルーヴル美術館は1848年までの美術品、工芸品を所蔵しています。オルセー美術館には、1848~1914年の間に制作された印象派とポスト印象派の世界最大のコレクションがあります。ポンピドゥ-・センターは20世紀の作品(1914年以降)を所蔵しています。
4.7 / 5 (2149)
Tiqets最安価格: $15.66
Bourse de Commerce - Pinault Collection は、著名なアートコレクターであるフランソワ・ピノー氏とプリツカー賞を受賞した建築家の安藤忠雄氏とのコラボレーションによって誕生した、現代アートの楽園です。 18世紀に建てられたドーム型のトウモロコシ取引所を改築した広さ3万平方メートルのこの美術館は、パリで最も新しい大規模な美術館の一つであり、その実現には約2億ドルが費やされました。年に10回以上の企画展が開催され、世界的に有名な現代アーティストの作品や、世界中の著名な美術館からの借り入れ作品などが豊富に展示されています。
4.6 / 5 (736)
Tiqets最安価格: $18.79
世界最大級、かつ権威ある美術館の一つであるルーブル美術館。壮麗でクラシカルな外観と、それとは対照的にモダンな、ガラスでできたピラミッドで有名なこの美術館は、パリ中心部にある人気観光スポットです。外観ももちろん素敵ですが、中のコレクションにこそ、その魔術のような魅力があります。 メソポタミア文明、エジプト文明、ギリシャ文明の発掘品から、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、レンブラントらの巨匠による芸術作品まで、ルーブルは幅広いコレクションを誇ります。3万5千点におよぶ美術コレクションはすべて、1848年以前の作品です。膨大で、価値のある取り組みです。 ルーブル美術館は、オルセー美術館、ポンピドゥー・センターと並んで、パリの3大美術館の一つに数えられます。オルセー美術館には、1848年~1914年の間に製作された印象派、および、ポスト印象派の作品が収められ、また、ポンピドゥー・センターには、1914年以降の20世紀の作品が展示されています。
4.8 / 5 (12514)
Tiqets最安価格: $20.88
1922年、クロード・モネは第一次世界大戦の終結を記念して、自作の巨大な睡蓮のパネル8枚をフランス政府に寄贈しました。モネの出した唯一の条件は、作品を適切な場所に展示することでした。フランス政府は、チュイルリー公園内のオランジュリーという絶好の場所を見つけたのです。 オランジュリーは、1852年にチュイルリー宮殿の庭に植えられていたオレンジの木の冬の避難所として建てられました。物資の貯蔵庫、兵士の寝床、フレキシブルな展示スペースとして使用されていたこともあります。モネの惜しみない寄付により、印象派とポスト印象派の絵画を展示する代表的なギャラリーであるオランジュリー美術館へと生まれ変わりました。 印象派とポスト印象派の代表的なギャラリーであるオランジュリー美術館は、モネの巨大な作品が目玉となっていますが、ここにあるのはそれだけではありません。この美術館には、セザンヌ、マティス、モディリアーニ、ピカソ、ルノワール、ルソーなどの作品も展示されています。
4.8 / 5 (1163)
Tiqets最安価格: $14.09
この美術館はパリのマレ地区に位置しており、17世紀の魅力的な私邸(オテル・パティキュレ)の中にあります。その名が示しているとおり、偉大な芸術家パブロ・ピカソに捧げられています。このスペイン生まれの芸術家の子孫が相続税の代わりとしてコレクションを納めたのがこのギャラリーの始まりです。フランスの法律では、特別な状況下で、相続税として金銭の代わりに美術品を納めることができます。この特例は美術品がフランスの文化遺産にとって大きく寄与するものである場合にのみ認められますが、ピカソのケースはもちろん、まさにそれでした。 常設展と企画展、詳細にわたる文書類が相まって、20世紀の偉大な芸術家による、最も重要な作品コレクションの1つとなっています。