ドバイのアトラクション

ファストトラックアクセス
チケット即時発行
スムーズに入場

ドバイへの旅行を計画

言語

アラビア語と英語

通貨

ディルハム (د.إ)

国番号

+971

タイムゾーン

湾岸標準時 (GST)

ドバイでの交通

ドバイには多くのタクシーがあり、値段も手ごろです。地下鉄もあり、ファイナンシャル地区と住宅地域を結んでいます。もちろん、こうした一般的な交通手段も適宜利用しつつ、でも、ここでしか体験できない特別な乗り物も試してみましょう。4WDのジープに乗り込んで、スリリングな砂漠ドライブを体験することもできます。もしくは、気球に乗って、果てしなく広がる砂漠に上る朝焼けを眺めるのはいかがですか?なんと言っても、ここは贅沢の極みを追求する街、ドバイなのですから!黄金のポルシェを買う、なんていうのはちょっと行きすぎでしょうか?!

習慣と規則

アラブ首長国連邦では、礼節を守る、ということが重んじられます。ですから、ひたすらパーティを楽しみたい、という方にはあまり向いていないかもしれません。もちろん、アルコール飲料も買えますが、外国人向けのホテル内のみです。そして、ホテルはたくさんありますから、ディナーの際にお酒を我慢する必要はありません。ビーチやプールでは水着着用可ですが、肌の露出は控えた方がよいでしょう。一般道路やショッピングモールなどで、へそ出しルックなどしていると、礼儀を守っていないと思われたり、あまり露出が高い場合には罰則の対象になることもあります。特に女性の方は、外出時には上腕を覆ったりミニスカートを避けるなど、控え目な服装を心がけましょう。愛情表現なども、あまりよく思われません。あまり脅かすわけではありませんが、礼節を心がけさえすれば、この犯罪の少ない街できっと暖かいもてなしを受けることでしょう。

ラマダン(断食)について

ラマダンの時期にドバイに旅行する場合、普段のドバイとはまた違った街の様子を体験することになるでしょう。聖なる月であるラマダンの時期になると、イスラム教徒たちはモハメッドへのコーランの啓示に敬意を払い、日中は食事をとりません。多くのレストランは日中も営業を続けていますが、外から見えないようカーテンを閉め切ったままにします。また、公共スペースでの飲食は禁止されます。夜になると、街中のいたるところで贅沢な食事が楽しまれます。この食事はイフタールと呼ばれ、非常においしいですから、機会があればぜひ試してみてください。タクシーのドライバー達は、食事をとっていないために眠気が多くなりがちですから、日中タクシーを利用する際には気を付けましょう。できれば地下鉄を利用するのがおすすめです。

ドバイでの3日間にできること

ブルジュ・ハリファ

ドバイに到着してすぐ目に入るのが、この世界で一番高いタワーです。830メートルの高さを誇るこの塔は、街のど真ん中にそびえています。建築界の偉業として世界に名を馳せるこのタワーのデザインは、ヒメノカリスと呼ばれる砂漠の花をモチーフとしており、下部の3層構造がこのタワーを支えています。タワーの上部からは、ドバイの街と、ドバイを取り巻く砂漠を眺めることができます。「至高の街」と呼ばれるドバイで、この壮大なパノラマを見逃すわけにはいきません!124階でももちろん圧巻の眺めですが、それより更に24階高い148階からの眺めは言葉に表しようがありません。148階ではVIP体験も利用可能です。昼でも夜でもかまいません、是非ブルジュ・ハリファへ上る機会を作りましょう!

ドバイ・モール

ドバイにはたくさんのショッピングモールがありますが、このモールは伝説的です。ありえない広さで、ショッピング以外にもお楽しみがたくさんあります。22のスクリーンを完備した映画館、「セガ・リパブリック」と呼ばれるテーマパークは7,000 m2の広さがあり、7mの高さのハーフパイプもあります。それから、子どもたちが大人の生活を体験できるキッザニア、水族館、そして、スケートリンクもあります。ここを楽しむには、1日ではとても足りないですから、数日かけて楽しむとよいかもしれません。観光旅行へ行くのに、ショッピングモールをお勧めするのもおかしいかもしれませんが、ドバイのような街へ行くときは、常識を捨てましょう。我々も、常識を超えたおすすめをご提供します。

ヤス・ウォーターワールド

ここでジェットコースターに乗るときの悲鳴は、「ヤス!」と言いましょう!ここには、ウォーター・アトラクションだけでなく、世界で最もスリリングなアトラクションもいくつかあります。ドバイで楽しめる、最高の屋外パークです。世界初のアトラクションも多く、「バブルズ・バレル」は世界最大のサーフィン用シートウェーブを装備しています。「バンディット・ボンバー」は長さ550 mのジェットコースターでは、水上でのレーザー効果が楽しめます。簡単に言えば、ここは、37エーカーの広さを誇る水の遊園地です。砂漠の真ん中で水遊びをするなんて、環境によくないと思われるかもしれませんが、この点でもヤス・ウォーターワールドはあなたをがっかりさせません!ここは、中近東で初めて、エスティダマ・パール・レイティング・システム(Estidama Pearl Rating System) により、環境保全の観点で最高である1の評価を受けた施設なのです。

ビーチパーティ

太陽は、およそ摂氏2700万度の高熱を誇る火の玉です。ドバイでは、その熱さをそれほど実感することはありませんが、それでも、非常に暑くなることもあります。嬉しいことに、ペルシア湾の海水は非常に透き通っていて、ふと泳ぎたくなるほどです。アクティブに過ごしたい方には、ドバイのビーチサイドは特におすすめです。ビーチバレー、ピクニック、水上スキーなどが楽しめ、非常ににぎわっています。サングラス、帽子、タオル、強力な日焼け止め、タオルをもって、サンダルを履いて、 ビーチでの日焼けに備えましょう。ジュメイラ・ビーチ・パークは、5ディルハム(180円程度)というお手頃な入場料です。「カイト・ビーチ」としても知られるウム・スケイム・ビーチも人気があります。中心部にあるビーチはほとんどがホテルのプライベート・ビーチで、宿泊客のみ利用可能です。