パリのアトラクション

ファストトラックアクセス
チケット即時発行
スムーズに入場

パリのハイライト

フランスの首都であるパリで、絶対に見逃せないスポット

パリで人気のアクティビティー

フランスでイチオシの場所

すべての旅行先を検索

パリへの旅行を計画

言語

フランス語

通貨

ユーロ (€)

国番号

+33

タイムゾーン

中央ヨーロッパ時間(CET)

公共交通機関

パリの街の交通は、地下鉄とRERと呼ばれる郊外電車でよく整備されています。行きたい場所へ一番速く移動できるのはおそらく地下鉄です。でも、バスでの移動ならパリの街並みを楽しむことができます。いろいろな種類のチケットの中から、あなたの滞在スタイルに合ったものを見つけましょう。チケットを買うには、地下鉄かRERと呼ばれる郊外電車の駅が便利です。または、ヴェリブと呼ばれるレンタル自転車を借りて、街をサイクリングするのもよいでしょう。

公園&庭園

400を超える公園や庭園、25万本を超える樹木があるパリは、ヨーロッパで最も緑が濃い首都であることを誇りにしています。カマンベールとチーズを入れたピクニックバッグをもって、テュイルリー公園やリュクセンブール公園へ行きましょう!もしくは、ビュット・ショーモン公園、ヴァンセンヌの森、ブローニュの森へ行くなら、哲学者風に森をそぞろ歩きながら世界について思いを巡らしましょう。いずれの公園も地下鉄やバスでアクセス可能で、また、贅沢なことに、入場料もかかりません。

フランス料理

食生活の豊かさで有名なフランスのこと、パリも食に関しては世界の首都と言っても過言ではないでしょう。飲食店のチョイスも豊富にあります。高級レストランも多数ありますが、伝統的なパリ風ブラッセリーは是非お試しください。パリの街中のいたるところに、フレンチ料理のみならず多国籍の料理を提供するカフェやバーが点在しています。

パリでの3日間にできること

エッフェル塔

ローマのコロッセオを除けば、一つの建物が街のイメージに完全に埋め込まれているケースは世界でパリのエッフェル塔だけでしょう!でも、昔はそうではありませんでした。ギュスターヴ・エッフェルのタワー計画は、建設中から建設後にいたるまで、どちらかと言えば反対派が多かったのです。実に、数百人のパリ在住の芸術家や知識人たちが署名活動をして、「我々の首都に、無用の怪物のようなタワーを建築することには反対する」と抗議をしたほどです。しかし、このタワーは1889年のパリ万博の目玉として利用されることが既に決定していました。そして、1889年3月15日に、ついにエッフェル塔は完成したのです。1万8千もの鉄鋼部品と250万のリベットを用いたこの一大プロジェクトは、まさにエンジニアリングの偉業です。20年後には解体される予定でしたが、ラジオのアンテナ塔としての役割を果たしていることもあり、解体されずに現在に至っています。そして、今ではまさにパリの代名詞となっているこのタワーは、パリに行ったら絶対に外せない観光スポットです。

世界有数の美術館

パリには、世界屈指の美術館がいくつもあります。その頂点を飾るのは、もちろん、ルーブル美術館。ここには、歴史上もっとも有名な絵画が展示されています(名前は言わなくともおわかりですよね?)。あまり知られていませんが、ルーブルの建物と美術コレクションはもともと王室のもので、フランス革命までは一般公開されてこなかったものです。現在では、原始時代から20世紀にいたるまでの展示品を6万5千点も有しています。オルセー美術館 もまた、世界トップクラスの美術館です。セーヌ左岸に位置するボザール様式の壮麗な建物には、主に1848年~1915年の間のフランス芸術(彫刻、写真や家具なども)が収められています。印象派とポスト印象派のコレクションとしては、世界最大を誇ります。現代美術の方がお好きな方には、ポンピドゥー・センターがお勧めです。建物自体が独特の「裏返しの建物」と言われるスタイルで、1970年代に芸術界に大衝撃を与えました。

ファッション&ショッピング

ココ・シャネル、イヴ・サンローラン、ジバンシー、ディオール、などなど、世界的に有名なフランス人デザイナーの名前はいくらでも出てきます。何しろ、この街はファッションの都として長い歴史を誇ります。高価なオートクチュールからプチプラまで、パリなら選択肢に困りません。高級デパートであるギャラリー・ラファイエットでは、毎週金曜の午後にはファッションショーも開催されています。オスマン・オペラ地区にあるプランタンもエレガントで由緒正しい、ブルーミングデールの流れをくむデパートです。もし、どちらもピンとこない場合は、「黄金の三角地帯」と言われる地区へ行ってみましょう。マルソー大通り、シャンゼリゼ通り、モンテーニュ通りに挟まれたこの地区に立ち並ぶ高級ブランドが、きっとあなたを満足させてくれることでしょう。

セーヌの流れ

ナポレオンは、「自分が死んだらセーヌ川の岸辺に埋めるように」という遺言を残しました。その彼の望みはかなえられませんでしたが、でも、彼がそれほどこの川に魅了されていたのも理解できます。この川の流れにゆったりと身を任せてクルーズを楽しむことこそ、至高の楽しみです。セーヌ川クルーズのほとんどは、多言語ガイド付の1時間のクルーズです。このクルーズに乗れば、パリの有名な観光スポット(その多くがUNESCO世界遺産に登録されています)を見ながら、パリの歴史を感じることができます。パリを横切るセーヌ川の水上から見るパリの街並みは、きっとあなたにこの街の違う一面を垣間見せてくれることでしょう。数あるクルーズの中でお勧めは、有名なセーヌ川観光クルーズです。または、ちょっぴり贅沢をしたい方は、Vedettes de Parisでシャンパンを片手にクルーズをお楽しみください。