ヘルプ
ベストセラー

オランジュリー美術館のチケット

隠された印象派の名作の宝庫

運営者: Tiqets International B.V.

チケット即時発行
最終入場時間: クローズ45分前
スマホチケット可
車いす利用可

体験をアップグレード

ツアーやシティパスなど、もっと豊富なチケットオプションをチェック

もっと見る

オランジュリー美術館を体験するその他の方法

もっと見る

このページ内容の一部は機械翻訳されており、正確ではない内容が含まれている可能性があります。

料金に含まれるもの

オランジュリー美術館チケット
専用ラインによる美術館への入場(ただし、セキュリティチェックは省略できません。)
常設展・企画展へのアクセス
  • クロード・モネの有名な「睡蓮」8点が自然光をいっぱいに浴びている様子を、モネ自身のはっきりした要望に基づいて作られた2つの特別な部屋でご鑑賞いただけます。
  • セザンヌ、マティス、ピカソ、ルノワール、ルソー,その他の代表的な作品群もご覧いただけます。
  • 最新の企画展では、印象派、ポスト印象派、現代美術の名作の数々をご覧ください。

オランジュリー美術館は、印象派と後期印象派絵画のギャラリーです。モネの堂々とした「睡蓮」は間違いなくこの美術館の目玉となる作品ですが、ここを訪れる理由はそれだけではありません!パリ中心部にある古いオランジュリー(オレンジの温室)であったこの美術館は、素晴らしい明るさと軽快な雰囲気の展示室を備えており、モネ作品の驚くべき所蔵量で知られています。

「睡蓮」シリーズは、モネ自身が戦勝を祝って、第一次世界大戦終結の頃、フランス国家に寄贈したものです。モネの出した唯一の条件は、絵画を適切な施設に収めることでした。当時使用されていなかったチュイルリー公園のオランジュリー(オレンジの温室)は、まさにピッタリの場所だったのです。

楕円形の2つの部屋には、画家の仕様に合わせて作られた2×6メートルの巨大なキャンバス8枚が展示されており、ここで「睡蓮」シリーズの全貌を見ることができます。白内障になったモネが愛情を込めて描き続けたキャンバスの細部をじっくりとご覧ください。戸外制作を得意としたモネは、自然光をふんだんに取り入れることで、作品の空気感を表現しようとしました。2011年に公開されたウディ・アレン監督の映画「ミッドナイト・イン・パリ」では、この部屋のひとつが重要なシーンの舞台となっています。

美術館には、セザンヌ、マティス、ピカソ、ルノワール、ルソーなどの作品も展示されています。オランジュリー美術館は、20世紀の優れた芸術作品に敬意を表し、互いによどみなく流れるような作品配置で、瞑想的なアート空間を提供しています。

オランジュリー美術館のスマートフォン用チケットをチケット販売窓口でご提示ください。

日曜日 クローズ
月曜日 09:00 - 18:00
火曜日 クローズ
水曜日 09:00 - 18:00
木曜日 09:00 - 18:00
金曜日 09:00 - 18:00
土曜日 09:00 - 18:00
オランジュリー美術館
Musée de l'Orangerie, jardin des Tuileries, 75001, パリ
地図上で開く
  • このチケットではスケジュールの変更はできません。

厳選された組み合わせ

オランジュリー美術館とパリにある他のお気に入りを組み合わせませんか?一緒の方が良いものもあります。

ガイド付きツアー

オランジュリー美術館を存分に体験

評価とレビュー

4.8
1416レビューによる
5
4
3
2
1
1180
211
19
3
3

訪問者による投稿画像