ヘルプ
ベストセラー

ポンピドゥー・センター:女性の抽象化展&常設展のチケット

最新の展覧会も含んだ、ポンピドゥー・センターが提供するすべてをご覧ください!

チケット即時発行
最終入場時間: クローズ1時間30分前
車いす利用可: クロークルームでベビーカーと車椅子の貸し出しあり(空き状況による)
スマホチケット可

安心してお出かけください!

安全衛生対策が実施されており、安心して世界の文化をお楽しみいただけます。

エキシビション

抽象の女性たち
現在開催中  - 2021/08/23

Women in Abstractionは、1860年代から1980年代までの抽象化の歴史において重要な役割を果たしてきた106人の女性アーティストによる500点を超える作品を発表しています。

展覧会の中で、自分たちの国以外では称賛を得られなかった、あまり知られていないアーティストを発見するチャンスがあります。幸いなことに、抽象化された女性たちは、時には芸術の歴史から不当に隠されてきた作品を見る機会を提供しています。

写真や映画、ダンスや装飾芸術に至るまで、作品を鑑賞する際には、作品のコンテキストについて学び、世界的な風景全体の抽象化の進展を特徴づける転換点を見ることができます。

料金に含まれるもの

ポンピドゥー・センターの常設展への入場
開催中の企画展へのアクセス
屋上へのアクセス
  • ピカソ、カンディンスキー、モンドリアンの作品を収めたヨーロッパで最も重要な近代美術館の1つを探検。
  • 外部にカラフルなパイプが配された建物の構造に驚嘆し、屋上からパリのパノラマを眺める。
  • 1915年から現代までの絵画のコレクションに加え、彫刻、写真、新しい媒体をも発見しよう。

マティス、キュビスムの創立者であるピカソ、またジョルジュ・ブラックの作品を擁し、フォーヴィスム、キュビスム、シュルレアリスムなどの芸術運動を生み出した重要な作品が所蔵されているポンピドゥー・センターは、パリで必見のスポットです。

ウォーホルの作品やポロックの絵の具の飛び散った見事な作品に目を向け、さらにはシュルレアリスムの詩人、アンドレ・ブルトンの再建されたスタジオにも足を踏み入れましょう。他の媒体の愛好家には、より現代的な他の作品と共に、カルティエ=ブレッソンとブラッシャイの写真作品もあります。

  • ポンピドゥー・センターの「Priority Entrance(優先入場口)」をご利用ください。
  • セキュリティチェックをご通過時間帯ください。
  • 「ticket with timeslot(入場時間枠付きチケット)」の列に進み、お手持ちのスマホチケットをご提示ください。
  • 待ち時間が発生する場合がございます。
  • 入場口はBeaubourg通り沿いにあります。
火曜日 クローズ
水曜日 11:00 - 21:00
木曜日 11:00 - 21:00
金曜日 11:00 - 21:00
土曜日 クローズ
日曜日 クローズ
月曜日 11:00 - 21:00
ポンピドゥー・センター
Place Georges-Pompidou, 75004, パリ
地図上で開く
  • このチケットの変更はできません。

評価とレビュー

4.7
184レビューによる
5
4
3
2
1
135
37
10
2
0

訪問者イメージ画像

よくあるご質問

このチケットは、施設への一回限りの入場に、ほかのサービスが追加で含まれたものです。詳しい情報は、このページの「料金に含まれるもの」をご覧ください。
年齢による割引は、施設によって異なります。割引に関する情報は、支払い手続きの際にチケット選択画面で見ることができます。チケットを選ぶ際、チケットの種類と割引後の金額をご確認ください。例えば、施設によりましては、子ども用のチケットとして、「子ども」という種類のチケットが設定されています。割引料金のチケットをご利用の際は、必ず有効な身分証明書をお持ちください。
VISA、Mastercard、Paypal、Alipay、 iDealなどの、世界的に広く使用されている支払い方法を取り扱っております。ご予約の際にお客様がご利用になる言語と通貨のコンビネーションによって、ご利用できる支払い方法が異なります。
チケットを印刷する必要はありません。各商品ページの、 「ご利用案内」の項目にてご確認ください。オフラインでもチケットにアクセスできるよう、Tiqetsアプリをダウンロードしてください。