ヘルプ
申し訳ありませんが、このチケットは一時的に利用できません。後ほどもう一度お試しください。
チボリを探索
このページ内容の一部は機械翻訳されており、正確ではない内容が含まれている可能性があります。
による翻訳

ヴィラ・アドリアーナ+古代ローマのビデオのチケット

皇帝の退却の遺跡

 
フレキシブル・チケット: 訪問日の24時間前までキャンセル可能(ご選択の場合)
チケット即時発行
車いす利用可
オーディオガイド: イタリア語, スペイン語, ドイツ語, フランス語, 英語
スマホチケット可

安心してお出かけください!

Tiqetsは皆様が文化を見逃すことがないよう、安全な訪問の確保に努めています。

商品概要

ハイライト

  • ハドリアヌス帝の傑作の1つを鑑賞
  • 愛されてきた皇帝の暮らしを発見
  • 海上劇場-人工島へ
  • チボリへの日帰り旅行の一部として楽しむ

説明

ローマの外に出て、ハドリアヌス帝の贅沢な隠れ家の美しい遺跡を訪れ、時間を遡ります。プール、スチームバス、噴水、庭園(その他)。

ローマ皇帝に関する限り、ハドリアヌスは最高の一人でした。ギリシャ文化を愛する人道主義者であり、彼は印象的な履歴書を持っています。彼は実際には五大皇帝の一人です(そう、5人しかいませんでした)。また、彼の業績には、パンテオンの再建と、ローマ郊外にあるこの美しいヴィラのデザインも含まれています。

チボリのヴィラアドリアーナは、エジプト、ギリシャ、ローマの建築遺産の要素を「理想的な都市」の形に組み合わせています。もともとは隠れ家として意図されていたハドリアヌスは、西暦128年ごろに公邸になりました。彼は宮廷と暮らし、ローマのすぐ外からローマを統治しました。

広大な公園に囲まれたこのクラシックな建物の複合体は、80ヘクタールを超え、1700年代の古代ローマ時代の遺跡、スパ、住宅を備えています。見所には、 マリッティモ劇場 、皇帝の私邸であった人工島、 カノーポ 、彫刻に囲まれた長方形の巨大なプール、そしてハドリアヌス帝が恋人のアンティノウスのために建てたと考えられている墓(おそらく寺院)などがあります。彼はエジプトで溺死した。

アーケード、庭園、プール、あらゆる種類の建築の驚異を備えたヴィラアドリアーナは、ローマ皇帝の宮廷での生活に魅了される窓のような場所です。また、充電された環境で、ローマの喧騒から逃れるのに最適な場所です。古代の魅力を備えています。

チケット

料金に含まれるもの

ヴィラアドリアーナへの入場券
ヴィラアドリアーナ内での無制限の時間
専用チケット交換サービス
英語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語のオーディオガイド(選択した場合)
観光案内所での無料の観光アシスタンス(Piazza d'Aracoeli、16、00186 Roma RM)
15分の3Dマルチメディアビデオ(英語)
追加情報

行き方:

  • メトロB:ポンテ・マンモロ駅とプレネスティナ経由の中央バス
  • バス:Co.Tralバス、Tiburtina方面(サイトから1km先)。チボリ方面/ A24高速道路(敷地から1km)
  • 電車:チボリ駅まで、そこからバス4 CAT + 300m徒歩

キャンセルポリシー

  • ご選択のチケットにより、キャンセルできる場合があります。
  • このチケットの変更はできません。

ご利用案内

  • 閉店の10:00〜90分前に、チケット売り場でスマホバウチャーを紙のチケットと音声ガイド(選択した場合)に交換してください。遅れた場合、返金はありません。
  • チケットは、ヴィラ・アドリアーナを訪問することができ、発行日に有効です。
  • ヴィラアドリアーナのチケット売り場入口で、チケットと身分証明書/パスポートをご提示ください。
  • 翌日、Piazza d'Aracoeli(16)の観光案内所に行き、チケットと一緒に受け取った確認メールを見せて、古代ローマのマルチメディアビデオを見ることができます(毎日9:00〜18:00)。

施設

営業時間

火曜日 08:30 - 19:30
水曜日 08:30 - 19:30
木曜日 08:30 - 19:30
金曜日 08:30 - 19:30
土曜日 08:30 - 19:30
日曜日 08:30 - 19:30
月曜日 08:30 - 19:30

行き方

ヴィラアドリアーナ
Largo Marguerite Yourcenar 1, 00010, チボリ
地図上で開く

評価とレビュー

4.5
22レビューによる
5
4
3
2
1
13
7
1
1
0
A
2019/12/22
すばらしい
It is magnificent place to visit
A
2019/12/16
普通
BELLO MA DISPERSIVO. Indubbiamente il posto è affascinante ma manca, a un profano come me, il coinvolgimento emotivo. Alla fine del percorso, fra l’altro faticoso, ricorderò solo muri rotti in...
BELLO MA DISPERSIVO. Indubbiamente il posto è affascinante ma manca, a un profano come me, il coinvolgimento emotivo. Alla fine del percorso, fra l’altro faticoso, ricorderò solo muri rotti in mezzo a tanta vegetazione. Belli gli alberi, tanti cipressi a emulare colonne, una immensa distesa di olivi. Ma ruderi silenziosi, esausti, tristi perché senza tanti cartelli esplicativi che li facciano rivivere, con frecce indicanti un percorso da seguire in compagnia dei fantasmi degli antichi, con magari in ogni stanza descrizioni e fotografie e ricostruzioni di com'era, indicando la funzione, e perché no, copie di arredamento, una o due statue anche in cemento, visto che ho scoperto che le cariatidi della vasca del Canopo sono copie in cemento e le originali sono in una stanza al chiuso e sbarrata e non si possono visitare, e neanche c'è scritto che sono lì. Di quei sparuti cartelli che abbiamo trovato, molti sono scoloriti e illegibili. Nel 2019 ormai quasi 20, e soprattutto per quello che abbiamo pagato per l'ingresso, è intollerabile che non ci siano esposizioni interattive. Critichiamo gli americani perché trasformano tutto in Disneyland, eppure in ogni ambiente sarebbe stato bello almeno trovare cartelli, schermi, ricostruzioni, pavimenti con mosaici puliti o esposti in gigantografie. Insomma, siamo usciti con i piedi in fiamme e confusione di idee. Soltanto in un edificio moderno, vicino al muro del Pecile c'è un plastico realizzato negli anni '50, che finalmente ci dà una visione d'insieme. E infatti, tutti i presenti la prima domanda che fanno è: "dove ci troviamo adesso?". E per fortuna un guardiano è stato così gentile da alzarsi dalla sedia su cui stava amabilmente facendo conversazione con una collega, e ci ha descritto sommariamente la storia del sito, consigliandoci due o tre posti che dovevamo assolutamente vedere prima di andare via. Mi spiace, ma è inutile andarci se non si è studiato a casa preventivamente e approfonditamente la storia e i monumenti di questa villa. E se possibile, non di domenica, con gruppi di boy-scout che giocano a palla e corrono urlando, comitive di famigliole con figli che gettano sassi e legni smontati dalle ringhiere e li gettano in acqua. Perché non ci sono guardiani e ho dovuto redarguirli io visto che i genitori fanno figli ma poi se ne fregano. Un sito che ha resistito 2000 anni ma non credo che li camperà altrettanti.
a
2019/12/06
すばらしい
Site très agréable Nature très belle PancarteS descriptives pourraient être plus précise en particulier la maquette

よくあるご質問