ヘルプ
ベストセラー

オルセー美術館:優先入場のチケット

格調高いオルセー駅で、目を見張る印象派の傑作を鑑賞

オルセー美術館
クローズ
チケット即時発行
最終入場時間: クローズ2時間前
車いす利用可
スマホチケット可

安心してお出かけください!

安全衛生対策が実施されており、安心して世界の文化をお楽しみいただけます。

商品概要

ハイライト

  • 世界で最も優れた印象派アートのコレクション、モネやルノワール、ドガ、セザンヌその他の傑作を発見しましょう。
  • 世界的に有名なゴッホの代表作「ローヌ川の星月夜」、マティスの「豪奢、静寂、逸楽」その他を堪能!
  • このチケットで、ほとんどの場合長く連なっている行列をスキップ。エントランス C(entrée réservée)に行き、お手持ちのデジタルチケットをご提示ください。あなたのための特別な入場方法です!

エキシビション

レオン・スピリアールト(1881-1946)。光と孤独
現在開催中  - 2021/01/10

このスピリアールト展は、約40年ぶりにフランス開催される展覧会で、1900年から1919年、レオン・スピリアールトのキャリアの中で最も波乱に満ちた時に皆様をお連れします。このベルギー生まれの芸術家が持っていた無限の形而上学的質問、そしてフランドル文化を描き出した、彼の最も革新的な作品の数々をご覧ください。

スピリアールトは、オディロン・ルドンやジェームズ・アンソールの絵画作品、またエミール・ヴェルハーレンやモーリス・メーテルリンクの著作などに大きな影響を受けました。象徴主義が彼の作品の中でそのほとんどの部分を占めてはいましたが、彼は野生的な目をした人物を介して表現主義に、また滑らかな風景を介してミニマリズムに遊んでいます。

彼の作品の多くは神秘的で、どこにも分類されない作品の幾つかは訪問者を驚かせることでしょう。

オーブリー・ビアズリー(1872-1898)
現在開催中  - 2021/01/10

活気があり、見事で、大胆で、エロティックで、正統派ではありません。これらはすべて、ビアズリーの非常に個人的なスタイルを説明するために使用される言葉です。しかし、あまりにも早く亡くなった多くの若い芸術家のように、オーブリー・ビアズリー(1872年〜1898年)は、25歳で亡くなりました。

彼の世界に足を踏み入れ、1890年代のロンドンのシーンで彼を有名な名前にした作品を探検します。このオリジナルのクリエーターに焦点を当てた、フランスで最初のモノグラフィックディスプレイです。

説明

オルセー美術館には、印象派、後期印象派、およびアール・ヌーヴォー作品のフランス国家コレクションが所蔵されています。ベル・エポック以降のエレガントな芸術作品で成る堂々たるコレクションと、セーヌ川のほとりにあるボザール様式の鉄道駅という美しいロケーションとが相まって、世界で最も素晴らしい美術館の1つとなっています。誇張ではありません!

チケット

料金に含まれるもの

オルセー美術館への予約アクセス:スマホ上にチケットを表示した状態でA1ゲートにお進み下さい
常設展示と特別展示への入場

料金に含まれていないもの

セキュリティチェックのスキップ(セキュリティチェックは例外なく通過する必要あり)
エキシビションへのスキップ入場

変更ポリシー

  • このチケットの変更は、場合によっては可能です。

ご利用案内

A1ゲートでお手持ちのスマホチケットをご提示ください。混雑日には行列ができる場合がありますのでご了承ください。

施設

営業時間

オルセー美術館
火曜日 クローズ
水曜日 クローズ
木曜日 クローズ
金曜日 クローズ
土曜日 クローズ
日曜日 クローズ
月曜日 クローズ

行き方

オルセー美術館
Rue de la Légion d'Honneur 1, 75007, パリ
地図上で開く

評価とレビュー

4.8
7508レビューによる
5
4
3
2
1
6326
1052
87
25
18
2020/08/28
すばらしい
時期が時期なので観光客が少なくかなりのんびり回れた。パリは初めてだったけれどコロナで想像を絶するほど人がいない。どの絵も独り占めできるほど。5階の印象派フロアはさすがにそれなりにお客さんがいたけれどそれでもイライラすることなくスムーズにゆったりできた。是非また行きたいが、普段は混んでいるのかと思うと躊躇してしまう。
O
2020/03/05
すばらしい
スムーズに入場できました。予約も簡単でした。ありがとうございました。
T
2020/02/23
よい
パリに滞在中の朝に自由な時間が急に出来、オルセー美術館に行きたいと思って当日の朝でしたが直ぐの対応と手配で完璧でした。有意義な時間となりました。ありがとうございました。

よくあるご質問