ソフィア王妃芸術センター:行列スキップのチケット

20世紀スペインを代表する近現代美術の宝庫

メール、SMS、またはアプリでチケットを受け取る
スマホでチケットを提示
行列をスキップし、待ち時間なし
商品概要
営業時間
ハイライト
  • この世界的に有名な美術館は、もともとは病院だった建物に、20世紀スペインを代表するピカソ、ダリ、ミロらの巨匠の作品が勢ぞろいしています。
  • このエクスプレス・レーン・チケットを買えば、窓口で買うよりも安いうえに、この素晴らしい美術館に素早く入場できます。
  • おそらくスペインで最も有名な絵画と言えるであろうピカソの「ゲルニカ」は、力強く反戦を訴える感動的な作品です。
説明

マドリードにあるソフィア王妃芸術センターは、もともとは病院だった建物を利用し、20世紀スペインを代表するピカソやソラナなどの傑作を展示しています。

18世紀には病院として使われていた建物でしたが、1992年に改装され、美術館として生まれ変わりました。マドリードで最も重要な現代美術コレクションを有するこの美術館では、スペインでもっとも有名な芸術作品の一つであるピカソの「ゲルニカ」などを所蔵しています。

他にも、20世紀スペイン絵画の巨匠サルバドール・ダリやミロなどの作品も鑑賞できます。コレクションは主に1980年代までの20世紀スペイン芸術ですが、フランシス・ベーコンの「横たわる人物像(Lying Figure)」など、スペイン以外の画家の作品も少数含まれています。

絵画のみならず、彫刻のコレクションも目を見張るものがあります。カラフルで特徴的なミロの作品や、パブロ・ガルガイヨによるピカソの胸像などは必見です。

ソフィア王妃芸術センターで見逃せないのは、なんと言っても2階の206号室にあるピカソの「ゲルニカ」でしょう。しかし、ほかの作品は館内を移動することもしばしばあり、場所の特定が難しくなっています。ソフィア王妃芸術センターでは、作品を作者別ではなくテーマ別に配置しています。そのため、ダリの作品だけを網羅したいというような場合には、館内を巡ってかなり歩くことになります。

チケット
チケットの特徴
チケット即時発行
行列をスキップ
スマホチケット可
料金に含まれるもの
常設展示への入場
特別展示への入場(複数可)
ガイド付きツアー
ご利用案内

入場口にてお手持ちのスマホチケットをご提示ください。

チケットの変更、および、キャンセル
  • このチケットはキャンセルできません。
  • このチケットの変更は可能です。
施設
住所
ソフィア王妃芸術センター
52,Calle de Santa Isabel, 28012, マドリード
基本情報
車いす利用可
追加情報

行き方:

  • バス:美術館入口付近に停車する各線が利用可能
  • 電車:Atocha-RENFE駅に停車する各線
  • 地下鉄:1番線でAtocha駅、または、3番線でLavapiés駅下車
評価とレビュー
4.8
1027件のレビュー
5
80%
4
18%
3
1%
2
0%
1
0%

2020/01/03
並ばずにスムーズに入場できました
2020/01/02
ゲルニカが声も出ないほど素晴らしかった。ダリの細かさも半端なかった。
2019/12/31
本当にかなり混むので事前予約は大変助かりました。

よくあるご質問