ヘルプ
このページ内容の一部は機械翻訳されており、正確ではない内容が含まれている可能性があります。
による翻訳

ホップオン/ホップオフバスクアラルンプールのチケット

マレーシアの首都をジップアップし、その不思議を簡単な方法で発見

 
フレキシブル・チケット: 訪問日の24時間前までキャンセル可能(ご選択の場合)
チケット即時発行
車いす利用可
ガイドつき: 英語
スマホチケット可

安心してお出かけください!

Tiqetsは皆様が文化を見逃すことがないよう、安全な訪問の確保に努めています。

商品概要

ハイライト

  • オープントップの観光バスで、クアラルンプールの活気に満ちた都会のジャングルの周りをショッピング
  • マレーシア国立宮殿、ペトロナスタワー、ペルダナ植物園、カンポンバルなど、60を超える主要なランドマークやアトラクションに立ち寄ります。
  • 有益なライブ解説は、途中で興味のあるすべてのポイントの歴史的文脈をあなたに記入します

説明

クアラルンプールに来る?オープントップホップオンホップオフバスのチケットで、自由に街を発見してください。太陽が降り注ぐマレーシアの首都をスタイリッシュにクルージングしながら、街の文化的ハイライトが目の前を通り抜けます。

街の主要なアトラクションやランドマークに戦略的に停車するため、足を伸ばす気分になったらいつでも自由に散策できます。みんな出て行った?戻って次のスポットに進んでください。

マレーシア国立宮殿のそばでスイングして、巨大な真珠の門の前で写真を撮り、壮大な宮殿と庭園を眺めてみましょう。

庭園と言えば、Perdana Botanical Gardensは、花の香りを止めたり、豪華な景色を散策したり、熱帯植物が立ち並ぶ静かな水路でボートに乗ったりできる落ち着いたオアシスです。

巨大なペトロナスタワーをじっと見つめながら、ペースを変えて、現代の都会のジャングルでマレー人の伝統的な生活様式を守っているカンポンバルを訪れてみましょう。食通の天国でもあります。

何度でも乗り降りが可能で、市内全体を巡るツアーなので、観光をすべて終えた後でも、移動手段として最適です。

チケット

有効性

有効期間:: 24時間または48時間

チケットは有効化された時点から、選択された時間数の間有効となります。

料金に含まれるもの

24時間または48時間のホップオン/ホップオフバス(選択したオプションによる)
ライブ解説
オープンアッパーデッキからの眺め

料金に含まれていないもの

アトラクションへの入場
追加情報

バス停:

市道(赤線):

  • 1)ブキッ・ビンタン
  • 2)シェラトン
  • 3)セリパシフィック
  • 4)インターコンチネンタル
  • 5)KLコンベンションセンター
  • 6)マティック
  • 7)KLタワー
  • 8)KLシティウォーク
  • 9)アクエリア
  • 10)チャンカット
  • 11)スイスガーデン
  • 12)チャイナタウン
  • 13)中央市場

ガーデンルート(緑線):

  • 14)ミッドバレー
  • 15)リトル・インディア
  • 16)KLセントラル
  • 17)国立博物館
  • 18)国立宮殿
  • 19)レイクガーデン
  • 20)バードパーク
  • 21)国立モスク
  • 22)ムルデカ広場
  • 23)メダン・マラ
  • 24)チャウキット
  • 25)クイルシティモール
  • 26)コンコルド
  • 27)トライベッカホテル

キャンセルポリシー

  • ご選択のチケットにより、キャンセルできる場合があります。
  • このチケットの変更は、場合によっては可能です。

ご利用案内

スンガイ・ワン・モール(パーク・ロイヤル・ホテルの向かい)の正面玄関にあるブキット・ビンタン・キオスク(1番乗り場)でスマホチケットを提示して、物理的なチケットを受け取ります。

施設

営業時間

金曜日 09:00 - 18:00
土曜日 09:00 - 18:00
日曜日 09:00 - 18:00
月曜日 09:00 - 18:00
火曜日 09:00 - 18:00
水曜日 09:00 - 18:00
木曜日 09:00 - 18:00

行き方

クアラルンプールホップオンホップオフ
Jalan Bukit Bintang, Bukit Bintang, Wilayah Persekutuan, 55100, クアラルンプール
地図上で開く

評価とレビュー

3.6
5レビューによる
5
4
3
2
1
1
2
1
1
0
S
2019/11/16
あまりよくない
Old Bus
2019/11/04
すばらしい
facile et rapide
A
2019/10/08
よい
BIEN V Très

よくあるご質問