ヘルプ

キュー・ガーデンのチケット

4.8 / 5 (3371 レビュー)

空き状況をチェック

2オプション • 最低価格: $24.09

Tiqetsのおすすめ

本日利用可能
4.8 / 5 (3278)
入場券

キュー・ガーデン

ベストセラー
  • キュー・ガーデンの入場料
  • アートギャラリー(マリアンヌ・ノース、シャーリー・シャーウッド)、キュー・パレス、温室、「梢の散歩道」へのアクセス(現在閉鎖中
  • シーズン中の見どころを紹介する地図とガイド
  • チルドレンズ・ガーデンへのアクセス(90分セッション

開催中

「Japan」 (2021/10/31まで)

グルーファローの子供 (2021/10/31まで)

説明を読む Opens a new window
Tiqets最安価格: $26.84 —10%
$24.09
予約する

今すぐ購入、後ほどキャンセル可能

無料キャンセルのオプションが、すべてのチケットで利用できます。

本日利用可能
4.2 / 5 (9)
シティパス

ロンドンパス®

  • ロンドンで最高の80以上の観光スポットへの入場
  • 1日乗り降り自由バスツアー
  • 忙しいアトラクションの優先入場
説明を読む Opens a new window
Tiqets最安価格:
$108.75
予約する

Tiqets限定特典

ベストセラー商品の組み合わせで、もっとお得にもっと多くを体験を

キュー・ガーデンを訪れる際に知っておきたいこと

簡単に言えば、いいえ、です。西ロンドンにあるキュー・ガーデンは、ディストリクト線かロンドン・オーバーグラウンドで行くことができますが、ナショナル・トラスト・メンバーシップには含まれていませんので、キュー・ガーデンのチケットが必要になります。

キューガーデンは、国際的な植物学の研究・教育機関であるキュー王立植物園によって管理されています。

ナショナル・トラスト会員の方は、キューの野生植物園であり、英国最大の保護プロジェクト、ウェスト・サセックスにあるウェイクハーストをご訪問いただけます。

キュー・ガーデンは入場無料ではありませんが、入場チケットの価格は研究費に充てられます。キュー王立植物園(RBGK)は慈善団体であり、お支払いになったチケット代で、植物や菌類の知識を得るための世界的なリソースや、庭園の継続的な維持管理を支援することになります。

4歳以下のお子様、エッセンシャルケアラー、また登録されている視覚障害者の方は、無料でご入場いただけます。

公式ウェブサイトでは、他にも様々な割引制度が用意されており、求職者、地域住民、学生を対象としたものなどがあります。

キューガーデンはコンジェスチョン・ゾーン内に位置してはいません。ただし、最も汚染度が高いとされる大型ディーゼル車に適用される低排出ガスゾーン内にあることは覚えておきましょう。あなたが90年代のトラックを運転されていのでない限り、キュー・ガーデンのチケット代を気にするだけで問題ないはずです。

キュー・ガーデンの駐車場は、Brentford Gate (TW9 3AF)の近く、Ferry Laneにがあります。ただし駐車台数は非常に限られており、先着順です。

駐車料金は1日7ポンドで、現地でお支払いいただくか、PayByPhoneアプリでお支払いいただけます。

週末には、ハーバリウムの駐車場が臨時駐車場として利用されます。

・キュー・ガーデンに犬は入場できますか?

キューガーデンに入れるのは、登録された障がい者介助犬のみです。ペット連れでの入場はできません。

・キュー・ガーデンでピクニックはできますか?

はい、できます。べーベキューや机や椅子などの持ち込みはできませんが、芝生エリアに腰を下ろし、ピクニック用のシートを広げてランチをお楽しみいただけます。お弁当を持参しても、キュー・ガーデンのチケットに追加料金を支払う必要はありません!

・キュー・ガーデン内で自転車に乗れますか?

残念ながら乗れません。自転車、トライク(三輪バイク)、バランスバイク、ローラースケート、スケートボード、マイクロスクーターなどは禁止されています。

キューガーデンにある庭園は、17世紀にテュークスベリーの初代カペル男爵、ヘンリー・カペルが異国の植物のためのスペースを作ったことに始まります。その後、フレデリック皇太子の未亡人、オーガスタが拡張し、その息子であるジョージ3世(アメリカ独立戦争時の国王)が、庭園をさらに充実させました。

18世紀には、スウェーデン・スコットランドの建築家、サー・ウィリアム・チェンバース(1723-1796)が、キュー・ガーデンで最も印象的な景観の一つとなった中国式パゴダを庭園に加えました。

1840年は国立植物園と名付けられて一般公開され、所有権は王室から政府に移りました。

このように、ロンドンで最も緑豊かな場所の一つであるキュー・ガーデンは長い歴史を誇っていますが、その発展には長い時間がかかってきたのですーそしてこのチケットは、その一助となっています!

キュー・ガーデンのレビュー

4.8
3371レビューによる
5
4
3
2
1
2861
447
39
15
4

訪問者イメージ画像

キュー・ガーデンについて

キュー・ガーデンは121ヘクタールの広大な敷地を有しており、2003年にユネスコの世界遺産に登録されました。ここの豊かな動植物に囲まれていると、大都会ロンドンにいることを忘れてしまうほどです!

庭園内には、18世紀の中国風パゴダ、装飾用の建造物、特殊な温室、そして、森の天蓋を通り抜ける、地上18メートルの高さに設置された200メートルの散歩道、息を呑むようなツリートップ・ウォークウェイがあります。

園内には、当初ジョージ3世が王室の子どもたちのための宮殿として購入したキューパレスもあります。多くの王子、王女がここで育ちました。そして後に、英国王室の夏の離宮となっています。

キュー・ガーデン
火曜日 10:00 - 18:00
水曜日 10:00 - 18:00
木曜日 10:00 - 18:00
金曜日 10:00 - 18:00
土曜日 10:00 - 18:00
日曜日 10:00 - 16:10
月曜日 10:00 - 16:10
キュー・パレス
火曜日 クローズ
水曜日 クローズ
木曜日 クローズ
金曜日 クローズ
土曜日 クローズ
日曜日 クローズ
月曜日 クローズ
キュー・ガーデン
Richmond, TW9 3AB, ロンドン
地図上で開く

Tiqetsのおすすめ