ヘルプ
申し訳ありませんが、このチケットは一時的に利用できません。後ほどもう一度お試しください。
ダブリンを探索
他のオプションもこちらからチェック:
ダブリンを探索
このページ内容の一部は機械翻訳されており、正確ではない内容が含まれている可能性があります。
による翻訳

GPO目撃者履歴ビジターセンターのチケット

アイルランドの素晴らしい過去へのインタラクティブな旅

 
フレキシブル・チケット: 訪問日の24時間前までキャンセル可能(ご選択の場合)
チケット即時発行
所要時間: 1時間
車いす利用可: 身障者用エレベーター、トイレあり
オーディオガイド: イタリア語, ゲール語, ドイツ語, フランス語, 英語
スマホチケット可

安心してお出かけください!

Tiqetsは皆様が文化を見逃すことがないよう、安全な訪問の確保に努めています。

商品概要

ハイライト

  • アイルランドの歴史とその未来を形作った過去の出来事について学ぶ
  • 1916年のイースター・ライジングのイベントを、両サイドのアクティブな参加者と真ん中にいる傍観者の視点から体験
  • タッチスクリーン、ビデオ、視聴覚ブース、本物のアーティファクト、そしてこれまでにない映像のおかげで、没頭できます。

説明

アイルランドの現代史へのインタラクティブな没入型旅の準備はできていますか?ダブリンの歴史的な郵便局の建物にある受賞歴のあるGPO証人の歴史では、1916年のイースターライジングのイベントを体験したり、歴史的な遺物を発見したり、最新のタッチスクリーン技術で遊んだり、モールスコードメッセージを送信したりできます。

このインタラクティブなビジターアトラクションは、アイルランドの驚くべき過去の真ん中にあなたを入れます。 GPOは、アイルランドのコミュニケーションの中心地であり、1916年のイースター・ライジングに参加した男女の本部でもありました。アイルランドの歴史におけるこの非常に重要な出来事は、最終的にアイルランド共和国の創設につながりました。

証人、両側のアクティブな参加者、そして傍観者の視点から、すべてを見てください。

あなた自身の新聞記事を作成し、プロクラメーションのオリジナルコピーを見てください。特にスパイのような気分なら、モールス信号メッセージを送ってください!

電子タッチスクリーン、ビデオ、オーディオビジュアルブース、本物のアーティファクト、これまでにない素晴らしい映像で、このインタラクティブな歴史のバーストは、文字通りアイルランドの過去との触れ合いをもたらします。

チケット

追加情報

そこに行く

  • バス:40、120、122、または870番線でミレニアム・スパイア停留所へ
  • ルアスレッドライン:アビーストリート駅
  • ルアス・グリーン・ライン:セント・スティーブンス・グリーン駅

キャンセルポリシー

  • ご選択のチケットにより、キャンセルできる場合があります。
  • このチケットの変更はできません。

ご利用案内

入場カウンターでスマホチケットをご提示ください。

施設

営業時間

日曜日 クローズ
月曜日 クローズ
火曜日 クローズ
水曜日 クローズ
木曜日 クローズ
金曜日 クローズ
土曜日 クローズ

行き方

一般郵便局ダブリン
O'Connell Street Lower, D01 F5P2, Dublin 1, ダブリン
地図上で開く

評価とレビュー

4.7
29レビューによる
5
4
3
2
1
21
6
2
0
0
2020/03/04
すばらしい
Great museum...would definitely recommend
L
2020/02/11
すばらしい
Interactive (immersive film, screens, objects presented...). Great audioguide, clear and concise. Permit to understand all the stakes and the dimensions of the events (causes, actors involved,...
Interactive (immersive film, screens, objects presented...). Great audioguide, clear and concise. Permit to understand all the stakes and the dimensions of the events (causes, actors involved, aftermath...). Great experience!
R
2020/01/31
すばらしい
Briljant exhibition and I was very much impressed by the Fire & Steel story

よくあるご質問